ドコモキッズケータイHW-01Dに格安SIMを挿してみた




ドコモキッズケータイHW-01Dを購入してみました。本体色にもよりますが、1,500円~3,000円くらいで売られていました。

子供用にソフトバンクのみまもりケータイ2 101Zを持ってはいるのですが、こいつはソフトバンクとしか発信通話できません。(しかも3件まで) …勘違いしていました。他キャリアとも事前登録していれば発信できます。

登録10件まででき、どの電話番号からも着信可能な「大人モード」を採用している、キッズケータイHW-01Dが格上に見え、購入してみました。

HW-01D

新品なので、フィルム貼られているし電池も新しいです(当たり前か…)。購入時HW-01Dは送料込みで、1,480円でした。

HW-01DソネットゼロSIM

これで親機から、ソフトバンクSIMに切り替えなくても格安SIMでキッズケータイに通話できます。キッズケータイHW-01Dに挿すのは、格安SIMのso-net ゼロSIM(音声対応)。





so-net ゼロSIMは、最近どうも4Gデータ通信が遅く、googleクロームを開くのも地図を検索するのもストレスを感じていましたので、電話機能だけ利用するってのも、「ありなんじゃない?」 となったわけです。

どうせデータは基本料無料だし、700円で音声通話専用機というのも悪くないかも。ソフトバンクのみまもりケータイだって、月々600円ほど利用料がかかるわけですし。位置検索も使ってないし…。

で、キッズケータイHW-01Dに格安SIMのso-net ゼロSIMを挿入してみたわけです。標準SIMなので、下駄を履かせて。すると見事アンテナピクトが立ちました。

HW-01D with so-net_0sim

電話は普通に使えました。登録さえしていれば、ドコモ回線へはもちろん、ソフトバンク回線にも普通に発信できます。しかも、登録していない電話も受けられます。これで月額基本料が700円のSIMフリーのキッズケータイが完成しました。

防水仕様なので、大人が海辺やスキー場で使ってもいいですね。SIMの入れ替えをすれば普段はスマホで運用できますし。