ZTE Blade V7 liteを買ってみた

ネットショップを覗いてみていたら、なにやら激安のSIMフリースマホが売られているではないか。なになに?ZTE blade V7 liteですか。

2016年7月中旬発売で、5インチIPS液晶 内蔵メモリがROM 16GB/RAM 2GB。バッテリー容量は2500mAh。800万画素カメラ。




CPUはMTK6735Pのクアッドコア。LTE対応、指紋認証、SIMフリーのデュアルSIM(nano-SIM)。ただしDSDSではない。とまあSIMフリースマホの最低ラインはクリアしています。

このBladeV7liteが、送料込みで7,980円。SIMフリースマホだとしても、ちょっと激安すぎやしないか?と思い買ってみました。

ZTESIMフリー

真ん中部分はアルミのようですが、カメラ上部の銀色のカバーはプラスチックでしょうか?

ミュンヘンデザインらしいです。中華さんはドイツさんが好きみたいです。新興国では、ドイツという国は高級イメージがあるんでしょうね。

安心のmade in 深圳(シェンチェン)です。経済特区です。持ってるフリーテルの雅より造りはいいですよ。さすが三大キャリアに製品を納入しているメーカーです。これで送料込み7,980円。文句はありません。

そしてシンプルな内容物の構成。充電器・ケーブル・ピン・説明書・ペラ物の保証書(1年保証)。以上です。ゴミを出さないエコスタイルですね。

当たり前ですが、ちゃんと稼動します。

SIMフリースマホはこのくらいの性能で十分!という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

どこで売ってるのか、ですって?・・・それはイートレンドです。期間限定らしいので、明日くらいにはなくなってるかも・・・。