nuro0SIMの使い勝手





nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズのブランドで、0SIM(ゼロシム)として有名な格安SIM(ドコモ回線)を発行しています。0SIMは発売当初ソネットから出ていましたが、現在はソネットSIMとはブランドを分けているようです。

0SIMは、ソネット時代にもWEBの会員ページが通常のSIMと違っていて、なにか疎外感を感じていましたが、ついにブランド分けでその扱いがはっきりしてきました。

私はソネット0SIM時代から、データ専用SIMと音声SIM双方とも、このnuroモバイル0SIMを使っています。500MBまでデータが0円なので0SIMと呼ばれています。

月間通信量500MB以降は、100MBごとに100円(税抜)のプラス。2GBで1,600円に達し、以降5GBまで一律料金、5GB以降は速度制限がかかるというSIMの仕様です。

データ量/月 価格(税抜き)
 500MB未満 0円
 500MB~2GB 100MBごとに+100円
 2GB~5GB 1,600円

上記データ料金に対して、SMSプランは+150円、音声プランは+700円で利用できます。つまり、500MB未満のデータ利用料なら、ライン用の回線が月額150円で、音声通話付きが月額700円で維持できる格安SIMなわけです。



すばらしい!の一言ですが、0SIMには困った点いくつかあります。まずお察しの通り、データ速度は遅いと言わざるをえません。混雑時はヤフーのニュースを見るのもややもたつきます。ただし、各社速度制限がかかった200kbpsよりはましです。

私が利用している限りは、LINE電話も普通にできます。google map も問題ありません。ただこの0SIMには、「遅いときが度々ある」のです。

2017年5月1日より、月に3日しか申し込めないといったような制限もなく、0SIMの申込みは落ち着いてきているようです。

登録事務手数料:3,000円、SIMカード準備料:394円 この辺は他の格安SIMと同じです。データ+音声SIMのみ1年の最低利用期間が設定されていて、解約違約金5,000円がかかります。MNP転出手数料は2,000円。(2017年11月現在) 「解約しづらい」と、批判が出てましたので、解約時の費用は当初より安くなったのではないでしょうか?

この0SIMは、データは最大でも月500MB未満の方、データはおまけ程度と考えている方に向いている格安SIMです。「スマホの維持には千円も出せないぜ!」「ナビ代わりに車内に放置している古いスマホに入れるのだ!」といった方にはうってつけの格安SIMでしょう。

0SIMはスピードが遅い?0SIMはソネットSIMに比べて対応が悪い?

批判はありますが、それを理解したうえで申し込むSIMなのです。私は0SIMをdocomoキッズケータイに音声専用SIMとして挿して利用しています。SMSメールと通話は問題ありません。もう1枚はゲームとラインしか使わないスマホに、データ専用SIMを挿しています。

利用するシーンが明確にあるなら、0SIMは申込みしてみる価値のある格安SIMだと思います。