FREETELが民事再生申し立て

FREETELがついに民事再生申し立て。FREETELブランドを手がけるプラスワン・マーケティングは12月4日に、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表。

→プラスワン・マーケティングの発表

負債総額は約26億円。スポンサー候補として、MAYA SYSTEMと基本合意したとのこと。FREETELは2012年10月創業で、2017年3月期には年収入高約100億5800万円を計上。2017年11月に、MVNO事業を楽天に5億2000万円で売却して、端末事業で再建を図っている最中だった。




主力でFREETELを使っている身としては、なんとも残念なニュース。FREETELの格安SIMカードはすでに楽天モバイルに引き継がれているので、後は端末だけの話です。

「とりかえ~る」とか、「端末保証」とかには入っていないので、ダメージはそこまでありませんが、取替えバッテリーの入手は困難になりそうです。あと、壊れたらもう端末捨てるしかありませんね。そもそも端末価格が安く、1年保証は切れたところなので、まあ諦めは付きますけど。

思えばpriori2からお世話になっていたFREETEL。フリーテル格安SIMも利用させてもらってますが、ユーザーとしてあんまりお金を落としてあげれませんでしたね。というか、フリーテルはそのようなお金を使わない顧客が集まってきただけなのかな?

priori2×2台。MIYABI。麗。そしてフリーテルの音声付格安SIM。貢献したのはこのくらいです。端末の裏面にある赤いフリーテルのマークを見ていると、少し悲しくなってきました。今までありがとうFREETEL。