mineoSIMはフリータンクが特長

ケイ・オプティコムの格安SIMブランド『mineo(マイネオ)』。ケイ・オプティコムの資本金は330億円(関西電力100%出資)で、元々は光ファイバー賃貸事業会社の関西通信設備サービス(株)です。MVNOだけの企業ではありません。




そのmineoの格安SIMの特長から:

  • ドコモ回線とau回線のマルチキャリア
  • 余ったデータ容量は翌月繰越
  • mineoスイッチON/OFF機能
  • 050IP通話アプリLaLa Call
  • 家族の繰越し分を分け合うパケットシェア
  • パケットの出し入れフリータンク

mineo(マイネオ)の料金表:※音声付きは、ドコモ回線+700円。AU回線+610円。

容量 価格
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
6GB 1,580円
10GB 2,520円
20GB 3,980円
30GB 5,900円

まず、mineoはドコモ回線とau回線のマルチキャリア対応であること。au回線を選ぶことができるMVNOは最近増えてきているとはいえ、mineoはもともとau回線だけを提供していたMVNOです。au回線を選ぶならば、まずは候補に入れたいところ。

mineoは余ったデータ容量を翌月繰越できるし、mineoスイッチON/OFF機能を使えば、データ量の消費も抑えることもできます。この辺の基本機能もあるので、使い勝手はいいといえます。

そしてmineo独特のサービスとして、050IP通話アプリLaLa Call(ララ・コール)の存在があります。音声通話よりも通話料が安く、LaLa Call同士なら通話料がいつでも無料。また、mineoで利用する場合、データ容量が消費されないのが大きなポイントです。通話品質をあまり求めない方は、データSIM+050IP電話の組合せもいいですね。



さらに、家族の繰越し分を分け合う『パケットシェア』も使い勝手がいいです。みんなの余ったデータ量を翌月家族間でシェアできるのです。

最後に、格安SIMのmineoを選ぶ大きな理由として、パケットの出し入れができる『フリータンク』の存在があります。フリータンクは、パケットが余った人がタンクに余分データ量をINして、パケットが足りなくなった人がタンクからデータ量をOUTする、ユーザー同士の互助組織のような仕組みです。

「今月はパケットが余りそう」、というユーザーが失効しそうなパケットを寄付し、「今月はパケットがピンチ」、というユーザーがパケットを分けてもらえるのです。申請後翌日にはパケットを分けてもらえるので、とても助かるシステムです。もちろん、毎月もらってばっかりじゃダメです。ちゃんとパケットをINすることもできるように、データ容量に余裕を持ちましょう。→マイネ王フリータンクへ

このように大きな特長を持つmineo。お父さん・お母さんがドコモ回線で、子どもたちがau回線など、複雑なご家庭にも柔軟な対応が可能な格安SIMなのです。ぜひ候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか?