OCNモバイルONE解約の仕方

格安データSIMのいいところは、不要になったらすぐにSIMを解約できること。MVNOの音声SIMならば、6ヶ月や12ヶ月の最低利用期間内に解約すると、解約金が別途必要になります。そこのところ、データSIMは気軽でいいですね。




今日はOCNモバイルONE解約の仕方を順を追って確認したいと思います。まあ、私が先日実際に解約した手順なのですが。

まず手元に必要なのは、新規に申し込んだ時の申し込み画面をプリントアウトしたもの。またはOCN会員登録証/ご契約内容のご案内のPDFファイルです。

OCNモバイルONEの解約手順(データSIM)を追っていくと、まず『メールアドレスのお申込み』欄にある『メールアカウント』を確認します。

①メールアドレス(御自身で設定した、hoge@○○○○.ocn.ne.jp)とパスワード(アルファベットと数字の混じったもの)でOCNマイページにログイン。会員サポート/手続きへと進みます。

『料金/手続き』 から、『解約の手続き』に進みます。

下にスクロールすると、OCNモバイルONE※SIMカード1枚のみご利用のお客様はこちら というのがありますので、右の『解約手続きはこちら』ボタンを押します。2枚以上ある方は、上の方に※2枚以上の方はこちら とありますので、該当する方から解約手続きを進めてください。

すると、OCNモバイルONE料金プランの解約画面となります。

『OCN解約ボタン』を押すと、次の画面に進みます。これから先がOCN解約申し込み画面となります。長いですね…

この画面で、OCNモバイルONEの お客様番号(Nで始まる)、認証ID(hogehoge@one.ocn.ne.jp)、認証パスワード(英文字/数字)を打ち込みます。OCN新規申込み時にプリントアウトしたものか、OCN会員登録証を確認してください。



すると、『注意事項確認』画面になります。

確認ボタンを押していくと、次に『請求書送付先入力』画面になります。デビットカードの残高不足とか、クレカを停められたとか、クレカを解約したとかでなければ関係ないと思います。

次に『解約理由入力』画面です。どこのMVNOに変えますか?とかストレートな聞き方をしてきますが、特に気にする必要はないでしょう。

そして、念押しの『確認』画面です。ほんとうにOCNモバイルONEを解約しますか?

はい、解約します。そして完了!

これで、OCNモバイルONEを解約できました。すぐに打ち込んだメールアドレスに解約完了のお知らせが来ます。OCNモバイルONEの解約は、わかりやすく明瞭な手続きで安心できます。

SIM解約の手順がわかりにくい、電話を掛けなくてはいけないなど、解約のハードルを高くしている通信事業者も見受けられる中、これは好印象です。

なお解約後のSIMですが、これは郵送して返却するように指示が出ます。特に返却しなくても追加料金は取らないとのことですが、来年にでもOCNモバイルONEを再度申し込む予定でもあるので、私は返却するつもりです。

また、認証IDや認証パスワードなどがわからない場合、NTTコミュニケーションズのページを参照してください。マイページからあるいは郵送でも教えてくれるそうです。